サビトラ 通販ディビジョン

サビトラ 通販ディビジョン 人気No.1 あんしん通販マート
サビトラ20mg|あんしん通販マート

サビトラはED(勃起不全)治療薬レビトラのジェネリック医薬品です。インドの製薬会社SAVA Medica社が製造・販売を行っています。レビトラと同一の成分のため同じ効果が期待できます。

サビトラ 通販ディビジョン 人気No.2 ベストケンコー

バイアグラよりも優れた即効性
飲んで最短で15分で効く!
服用タイミングで悩む必要はございません。

あんしん通販マートのサビトラ

概要

サビトラはED(勃起不全)治療薬レビトラのジェネリック医薬品です。インドの製薬会社SAVA Medica社が製造・販売を行っています。レビトラと同一の成分のため同じ効果が期待できます。服用から15〜30分で効果が実感できるとされています。

サビトラの効果

勃起不全(性行為に十分な勃起が得られない又はその維持が出来ない人)

サビトラの使い方・用法・用量

通常、成人男性の場合は、1日1回バルデナフィルとして20mg(10mgなら2錠、20mgなら1錠)を性行為の約1時間前に服用します。

用法・用量に関連する注意

  1. バルデナフィルとして10mg(10mgなら1錠、20mgなら1/2錠)から服用を開始し、副作用などが起こらないことを確認したうえで、効果が不十分な場合はバルデナフィルとして20mg(10mgなら2錠、20mgなら1錠)まで増量出来ます。
  2. 65歳以上の人、肝障害のある人、腎障害のある人については、必ずバルデナフィルとして5mg(10mgなら1/2錠、20mgなら1/4錠)から服用するようにしてください。
  3. 1日の服用回数は1回とし、次の服用まで24時間以上空けるようにしてください。
  4. 満腹時や揚げ物などの脂っこい食事をとった後は、薬の効果が弱まる可能性があるので、できるだけ空腹時に服用するようにしてください。
  5. 服用後にめまいや視覚障害が生じる可能性があるので、自動車の運転や機械の操作、高所での作業には十分に注意してください。
  6. 錠剤の入っているPTPシートの凸部を指先で強く押して裏面のアルミ箔を破り、取り出してお飲みください。(誤ってそのまま飲み込んだりすると食道粘膜に突き刺さる等思わぬ事故につながります。)
  7. この薬は性欲増強作用はありません。勃起不全治療薬です。

この機会にサビトラ 通販ディビジョンサイトをお気軽にご利用ください。

ベストケンコーのサビトラ20mg(レビトラジェネリック)

サビトラ20mg(レビトラジェネリック)とは

当ストアでご提供するサビトラ20mg(バルデナフィル)は、Hong Kong Standards and Testing Centre(STC)の成分鑑定を受けておりますので、ご安心してご購入ください。

サビトラ20mgは、SAVA社によって製造・販売されている最強のED治療薬といわれているレビトラ錠のジェネリック医薬品です。1錠に有効成分としてバルデナフィルを20mg含有しています。先発品レビトラ錠は最強のED治療薬ともいわれていおり、サビトラ20mgも強力な勃起誘発効果を有しています。1錠20mgの半分である10mgを服用するだけでも強力に効果をあらわし、EDに悩む男性の陰茎に作用し、硬く・強く・太く勃起を促します。性的刺激を受けることで容易に勃起しやすくし、ムラムラしたときに素早く勃起することができるので何回も挿入を可能にし、パートナーを満足させることができます。

サビトラ20mgは、有名なED治療薬であるバイアグラ等と同じホスホジエステラーゼ(PDE)5阻害作用によってED治療効果をあらわします。ホスホジエステラーゼといわれる酵素には1~11の種類が存在し、陰茎にはホスホジエステラーゼ5が主に存在しています。ムラムラしたり性的刺激を受けると、体内ではサイクリックGMPといわれる成分が産生され、そのサイクリックGMP多くなることによって陰茎に血液が集められ勃起を促します。

サイクリックGMPは、ホスホジエステラーゼ5によって分解され無効化されるので、それによって勃起が弱くなってしまいます。そこでサビトラ20mgを服用することでバルデナフィルが体内に吸収されると、バルデナフィルがホスホジエステラーゼ5の働きを阻害します。それによってサイクリックGMPが分解されず多い状態が維持され、強力な勃起を得ることができるのです。

バルデナフィルは最強のED治療薬といわれるように、ホスホジエステラーゼ5により選択的に作用するため多くの男性の方たちに愛用されています。一般的なED治療薬だと食後に服用してしまうと効果が弱くなるのですが、バルデナフィルは一般的な食事(総エネルギーに占める脂肪の割合が約30%)であれば食後に服用しても問題なく勃起誘発効果をあらわすのも人気の1つです。お酒の影響もあまり受けないので、パートナーとデートした後でも安心してサビトラ20mgを服用できるので、素敵な夜を過ごすことができます。

日本のクリニックなどで手に入れる場合

日本の病院では、ED治療薬を保険適用で処方してもらうことができません。

ED治療薬を購入するときは全額自己負担になるので、コストがかなりかかってしまいます。

価格も病院ごとにバラつきがあります。

おおよその目安として、病院を受診しサビトラ20mgの先発品であるレビトラ20mgを10錠処方してもらうのにかかるコストは、

  • 初診料・検査料:0~1,500円
  • レビトラ20mg価格:1錠1,600~2,000円×10錠=16,000~20,000円

合計16,000~21,500円もかかります。

用法と容量

  • 通常、成人には1日1回バルデナフィルとして10mg(0.5錠)を性行為の約1時間前に服用します。
  • 1回10mg(0.5錠)の服用で十分な効果が感じられず、副作用がないあるいは我慢できる範囲であれば1回20mg(1錠)に増量して服用することができます。
  • 高齢者(65歳以上)、中等度の肝障害のある患者については、有効成分バルデナフィルの血中濃度が上昇することが認められているので、副作用を起こるおそれがあります。
  • そのため、推奨としては5mg(0.25錠)を開始用量とし、最高用量は20mg(1錠)までとしてください。
  • 1日の服用は1回とし、服用間隔は24時間以上としてください。

副作用

サビトラ20mgの有効成分バルデナフィルは、服用することでいくつかの副作用が起こることが報告されています。

  • 主な副作用として、頭痛、ほてり、鼻閉、心悸亢進、消化不良、めまいが起こることが報告されています。
  • 重大な副作用として、急激な視力低下や視力喪失が起こることがあります。
  • そのため、サビトラ20mgを服用する方は自動車の運転等の危険な機械の操作は避けることが推奨されています。

これら以外にも、バルデナフィルを服用することで副作用を起こすことがあります。

サビトラ20mgを服用して、なにか気になる症状があれば速やかに医師・薬剤師に相談するようにしてください。

禁忌・注意事項

サビトラ20mgの有効成分バルデナフィルには、警告がされているので服用する際に注意が必要です。

  • バルデナフィルと硝酸剤あるいは一酸化窒素(NO)供与剤(ニトログリセリン、亜硝酸アミル、硝酸イソソルビド、ニコランジル等)との併用により血圧を低下させる作用が増強し、過度に血圧を低下させることがあります。
  • そのため、バルデナフィルを服用中および服用後においても硝酸剤あるいは一酸化窒素(NO)供与剤を服用しないように警告がされています。
  • 心筋梗塞等の重篤な心血管系等の有害事象が起こることも報告されているので、心血管系障害のある方等が服用しないようにも警告されています。

さらに、以下のような方もバルデナフィルの禁忌に指定されているので、サビトラ20mgを服用しないようにしてください。

  • 先天性のQT延長患者(QT延長症候群)、クラスⅠA(キニジン、プロカインアミド等)またはクラスⅢ(アミオダロン、ソタロール等)の抗不整脈薬を服用中の方。
  • 重度の肝障害のある患者。
  • 血液透析が必要な腎障害、低血圧(安静時収縮期血圧<90mmHg)または治療によるコントロールがなされていない高血圧(安静時収縮期血圧>170mmHgまたは安静時拡張期血圧>100mmHg)、不安定狭心症のある患者。
  • 脳梗塞・脳出血や心筋梗塞の既往歴が最近6ヵ月以内にある患者。
  • 網膜色素変性症患者。
  • リオシグアト、CYP3A4という酵素を阻害してしまう医薬品(アタザナビル、イトラコナゾール等)を服用している患者。

これら以外にも、バルデナフィルを服用するのに注意が必要な方がいます。

持病のある方や、継続している薬・サプリメント・健康食品がある方は、サビトラ20mgの服用が可能か医師・薬剤師に相談するようにしてください。

タイトルとURLをコピーしました